ブルーライトから肌を守れ!PCやスマホでシミだらけになる前に

ブルーライトから肌を守る必要があると言われていますが、PCやスマホでシミだらけになる前に肌を守るようにしましょう。目にはよくないと耳にしますが、肌によくないと言われています。
ブルーライトと言えば、スマホやパソコンから出ているというイメージが強いと思っている人も多いのですが、毎日見ているテレビや省エネとして活躍しているLED証明からもブルーライトは出ています。
ブルーライトは第三の紫外線ともいわれていて、紫外線に近い長波領域の可視光線なのです。紫外線と一緒で浴びすぎてしまうことにより、メラニン等の色素生成が過剰に行われて、肌細胞が変色してしまうと言われています。
ブルーライトは1時間で色素沈着を起こしてしまいシミやくすみの原因となってしまう可能性があるとも言われています。
また、ブルーライトは目や肌の他にも様々な影響を与えているということが分かってきています。太陽光のような役割を持っているので、その影響で体内時計が狂ってしまいインスリンの働きが低下して糖尿病のリスクが高くなるともいわれています。
更に、睡眠の質を下げることにより、血圧のリズムもくるってしまい、その影響によりメタボリックなど肥満となってしまう様々な病気を引き起こしてしまうこともあると言われています。
最近では、ブルーライトが肌に与える影響を防ぐために、それに対応している日焼け止めが販売されています。ブルーライトをカットするための専用フィルターを開発して配合して、美肌、美白効果のある成分も同時に配合されていて、特殊なものを使用しています。
日焼け止めで重視するポイントとしては、紫外線カットが効果的です。ブルーライトをカットする事ができる日焼け止めも次々に販売されているので、活用して、肌を守っていく必要があります。
太陽光やLEDからのブルーライトが気になっている人は、専用の日焼け止めを使用するようにして、過度に浴びないようにすることが大切です。
徹底的に対策を行っている人も多くなっているのですが、あまり神経質になりすぎてもストレスになってしまいますので、自分ができる範囲での対策を行うようにしましょう。
日常の生活の中でブルーライトは避けて通ることはできませんが、スマホやテレビの見すぎは眼精疲労の原因になってしまいますので、様々なことを考えると自分で時間を決めたり、スマホ、パソコン、テレビを活用する場合には、適度に休憩をするなどと考えていくようにしましょう。